開業資金調達(国民生活金融公庫融資コンサルティング等)から株式・合同会社の設立手続、開業後の経理までワンストップサポートを実現!関東一円対応!行政書士齋藤史洋事務所
Payday loans

見せ金とは?

会社の設立に際しては、まず取扱金融機関に資本金を払い込まなければなりません。この金額は「定款」で定められており、それに従って払い込む必要があります。資本金は会社にとっても債権者にとって非常に重要なものです。

一方、自己資金が不足している場合、親族や知人あるいは他の金融機関などからお金を借り、定款で定められた額の資金を払い込んで会社を設立し、その後、借りたお金をすぐに返済するという方法があります。このような目的で使用されるお金のことを見せ金と言います。

会社法では見せ金を使っても罰則はありませんが、刑法上の犯罪である「公正証書原本不実記載罪」とみなされる場合があります。民事上の損害賠償責任を追及されることもあります。払い込まれたお金が見せ金であると判断されれば、会社の設立自体が無効になります。

また、平成26年に改正された会社法には、仮装払込みに関与した発起人や取締役等に対する責任が盛り込まれました。仮装の払込みをした発起人などは、仮装した金額をすべて会社に支払わないと株主としての権利を行使できないことになっています。

見せ金で資本金を大きくすれば多くの融資を受けられると思うかもしれませんが、金融機関は見せ金があるかどうかを厳しくチェックしますので、不自然なお金の動きがあれば必ずわかってしまいます。

金融機関では見せ金があるかどうかを判断するのに過去6ヵ月分以上の記帳がある預金通帳を調べます。通帳の中に出所がわからない多額の入金があれば、見せ金と判断され自己資金とはみなされません。

仮に手元にあった現金を入金したもので第三者から借りた見せ金でなかったとしても、少なくとも6ヵ月が過ぎていなければやはり自己資金とはみなしてもらえません。 ですから、6ヵ月以上の期間をかけて自己資金を貯める必要があります。

また、見せ金を使った場合にはそれを返済しなければなりませんが、その際には会社のお金を引きだすことになるので、会社から社長に対する貸付金となり、資産の部に計上されます。決算書にこの勘定科目が計上されると、金融機関からの信用が落ちるので融資が受けにくくなります。

また、貸付金に対して利息を計上しますが、多くの場合は帳簿上だけで金利の処理が行われ、利息が計上される結果、実際にはお金がないのに法人税が課されます。

このように見せ金を使って会社を設立するというのは違法性があり、しかも融資を受けるのにも会社経営にも不利になるので、自己資金は十分確保した上で会社設立を目指しましょう。

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ(実際に融資のおりた事業計画書)

公的融資事業計画書日本政策金融公庫 実際に融資のおりた事業計画書例20パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫から融資がおりた事業計画書19例と、制度融資(信用保証協会付融資)がおりた事業計画書事例1例を同封しております。 

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。 

法人経営者・個人事業主向けの民間ビジネスローン

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

融資申請に失敗する前にフリーダイヤルからご相談ください!

最近、融資に失敗してから相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし、自力で融資申請に失敗してからの再度の融資申請は成功の可能性が低くなります。
融資申請のチャンスは1度しかないと思ってください。

多くの方にとって、自力での融資申請は融資を受ける貴重なチャンスの無駄使いになります。
専門家に頼らない自力での融資申請は、貴重なチャンスの浪費にすぎず、自分の首を自ら絞めるようなものです。

素直に最初から専門家のサポートを受けることをお勧めします。
自分で自分の首を絞める前に、まずは下記フリーダイヤルまでご相談ください。

開業資金調達無料相談

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号


Copyright© 2007 開業資金調達.NET All rights reserved.
powered by 行政書士ホームページ.com