開業資金調達(国民生活金融公庫融資コンサルティング等)から株式・合同会社の設立手続、開業後の経理までワンストップサポートを実現!関東一円対応!行政書士齋藤史洋事務所
Payday loans
開業資金調達.NET » 会社設立 » 株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れとチェックポイントは次の通りです。

専門家にお任せいただければ、特に定款の作成など難しい作業も、スムーズかつ確実に設立手続きを進めることができます。

Step1 会社の概要を決める

  • 商号(会社のなまえ) →「商号を決めるポイント
  • 事業目的         →「事業目的を決めるポイント
  • 取締役会を設置するか?
  • 監査役を設置するか?
  • 役員の任期は何年にするか?
  • 代表取締役、取締役、監査役にそれぞれ誰が就任するか?
  • 資本金の額
  • 現物出資の有無
  • 発行可能株式総数
  • 設立に際し発行する株式数
  • 株券を発行するか?
  • 発起人は誰?それぞれ何株出資するのか?

Step2 法務局で商号調査と事業目的の確認をする

Step3 会社の代表印を注文する

  • 発起人、取締役就任予定者の実印と印鑑証明書も準備
  • 会社の代表印を実印にするのは、法務局に提出する設立書類に押印するとき。
  • もしそれに間に合わなければ、代表者個人の実印で対応

Step4 定款を作成する

  •  「定款」は会社の憲法ともいうべき、基本的事項を定めたもの

Step5 公証役場で定款認証を受ける

  • 定款は3部作成する。うち1部は公証役場へ、1部は法務局へ。
  • 発起人の実印を押印する
  • 会社で原本1部を保存。コピーを税務署などに提出。
  • 「電子定款認証」にすれば、印紙代4万円が不要。

なお電子認証システム一式を用意するには約6~10万円必要。
「電子定款認証」は、専門家である行政書士におまかせを。

Step6 金融機関へ資本金を払込む

  • 会社名義の預金口座は、会社の登記が終わってから。
  • 発起人代表の個人口座に、資本金相当額を振込む。
  • 必ず「振込」にする。発起人代表のなまえが通帳に記載されていることが必要。
  • 資本金と同額の金額を振込む。
  • 通帳のコピー(表紙、表紙うら、振込記録の部分の3枚)と会社の代表印をもって行政書士へ

Step7 会社設立に必要な書類を作成する

【例:ひとりで株式会社をつくる場合】

  • 定款
  • 払込証明書
  • 資本金の額の計上に関する証明書
  • 発起人の決定書
  • 株式の引受けを証する書面
  • 取締役の就任承諾書
  • 取締役の印鑑証明書
  • 登記申請書
  • 印紙台帳
  • OCR用紙(またはフロッピーディスク、CD-R)
  • 印鑑届書

Step8 法務局へ登記を申請する

  • 提出書類をホチキスでとめる(左側2箇所)。
  • 登記申請書が表紙、次に印紙台帳。このふたつの書類の間に契印を押す。
  • ただしOCR用紙、印鑑届書はホチキスとめせず、クリップとめにする。
  • 新会社の本店所在地を管轄する法務局に提出。
  • 法務局に書類を提出した日が、会社の成立日=誕生日となる。

Step9 会社設立完了!

  • 提出から10日~2週間後
  • 新会社の「登記事項証明書」「印鑑証明書」が貰える

Step10 税金関係と社会保険関係の届出をする

税務署へ提出

  • 法人設立届出書
    (定款の写し、登記事項証明書の写し、株主名簿、設立時貸借対照表、本店所在地の周辺地図、設立趣意書を添付)
  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
  • 青色申告の承認申請書
  • 棚卸資産の評価方法の届出書
  • その他(減価償却資産の償却方法、消費税関係)

都道府県税事務所へ提出

  • 法人設立届出書

市町村役場へ提出

  • 法人設立届出書

Step11 会社名義の銀行口座を開設する

用意するもの

  • 新会社の「登記事項証明書」「印鑑証明書」
  • 代表者個人の印鑑証明書と実印
  • 代表者の身分証明書
  • 会社の銀行印

会社ができるまで、およそ2~3週間の時間がかかります。
手続が複雑で、かつ作成すべき書類も多岐にわたります。
専門家に任せたほうが安全、かつ時間と費用の節約になります。

ご自身の手で、最も安く、簡単に株式会社を設立したい方へ!

株式会社設立キット自分で出来る!株式会社設立キット

  • 超小規模会社(1人取締役会社)
  • 小規模会社(2人or複数取締役)
  • 取締役会設置会社(取締役3名以上・監査役1名以上)

全パターンに対応。もちろん、現物出資にも対応しています。

これまで延べ200名以上の方が購入されております。会社設立実績1500社を超える専門家が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご安心下さい。

詳しくはこちらをクリック → 自分で出来る!株式会社設立キット

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ(実際に融資のおりた事業計画書)

公的融資事業計画書日本政策金融公庫 実際に融資のおりた事業計画書例20パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫から融資がおりた事業計画書19例と、制度融資(信用保証協会付融資)がおりた事業計画書事例1例を同封しております。 

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。 

融資申請に失敗する前にフリーダイヤルからご相談ください!

最近、融資に失敗してから相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし、自力で融資申請に失敗してからの再度の融資申請は成功の可能性が低くなります。
融資申請のチャンスは1度しかないと思ってください。

多くの方にとって、自力での融資申請は融資を受ける貴重なチャンスの無駄使いになります。
専門家に頼らない自力での融資申請は、貴重なチャンスの浪費にすぎず、自分の首を自ら絞めるようなものです。

素直に最初から専門家のサポートを受けることをお勧めします。
自分で自分の首を絞める前に、まずは下記フリーダイヤルまでご相談ください。

開業資金調達無料相談

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号


Copyright© 2007 開業資金調達.NET All rights reserved.
powered by 行政書士ホームページ.com