開業資金調達(国民生活金融公庫融資コンサルティング等)から株式・合同会社の設立手続、開業後の経理までワンストップサポートを実現!関東一円対応!行政書士齋藤史洋事務所
Payday loans
開業資金調達.NET » 開業資金調達.NETについて

開業資金調達.NETについて

事業計画書が開業資金調達を成功に導く!
起業家の皆様をしっかりサポートします!

なぜ事業計画書は重要なのか?

なぜ、創業融資を受けるために事業計画書が重要なのか、あなたは理解していますか?

創業融資の審査に落ちる典型的なタイプは、事業計画書を軽んじるタイプです。
融資担当者との面談に過剰な期待を持つタイプといってもいいでしょう。

事業内容の説明は面談で直接話しますよ。面談があるんだから、書類はテキトーでもいいでしょ

というタイプです。

多くの方が勘違いしているようですが、面談は、提出された事業計画書が現実的な内容であるか、虚偽の内容がないか等の確認と本人確認程度の意味しかありません。

面談は提出した書類の補足説明の場にすぎないのです。

基本的には提出されている書類をもとに融資の可否が決定されます。

つまり、事業計画書がいい加減な内容なのに、面談であなたの事業に対する評価が急激に上がることはないのです。

逆に、面談の様子次第では「あなたの人間性に問題あり」と評価され、融資が不可という判断が出る場合はあります。社会人としてのマナーを守ったうえで面談に臨むべきなのはいうまでもありません。

融資を確実に受けるためには、面談には過剰に期待せず、事業計画書の作成に注力することが重要です。

そして、事業計画書を作成する際に注意すべきことは、

「だれを説得するために事業計画書を作成するのか?」ということです。

この点も勘違いされている方が多いのですが、あなたが面談した担当者が融資の可否を判断するのではありません。

あなたに融資を実行するかどうかを決めるのは、あなたが面談した担当者の上司なのです。

つまり、融資を受けるために説得すべき相手は、あなたと一度も会ったこともない融資実行の決済者なのです。

面談担当者は、あなたが提出した事業計画書を前提に、あなたの立場となって「融資したい」という決済書類を作成して、あなたの代わりに上司や融資決裁権限を持つ責任者を説得するのです。

前提となるあなたの事業計画書がいい加減な内容では、あなたと面談した担当者は上司を説得しようがありません。

また、いい加減な内容の事業計画書を提出されても、
面談した担当者は、あなたの味方になって上司を説得する気もおきないでしょう。

あなたは、面談した担当者が自分の味方として上司を説得してくれるのに役立つような事業計画書や資料を準備しなければならないのです。

あなたは、自分と一度も会ったことがない他人に自分のビジネスに対する熱意・ビジネスの実現可能性・資金の返済可能性を伝えるための手段として事業計画書を作成しなければならないのです。

多くの人は、面談した担当者に一生懸命説明すれば融資が受けられると誤解しています。

しかし、そもそも考えてみてください。

面談した担当者が、あなたの発言を一言一句すべて書き留めていると思いますか?

もちろん、そんなことはあり得ないわけです。事業計画の補足としてメモされる程度です。

あなたのビジネスに対する熱意・ビジネスの実現可能性・資金の返済可能性を、一度も会っていない決済者まで十分に伝えるためには、全て書面にして提出する以外に方法はないのです。

なお、事業計画書の重要性を十分に理解したうえで事業計画書作成にお悩みの方は、専門家がサポートいたします。まずは無料相談をご利用ください。

開業資金調達.NETについて

当事務所では

という起業家の皆様を支援しております。まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

独立開業時において、開業資金調達は最重要課題です。
しかし、開業資金調達の問題を相談できる相手は全くいない、と言うのが大多数の方の実情ではないでしょうか?

当事務所では、これから夢と熱意を持って開業される起業家の皆様を開業資金調達の面でしっかりサポートできるよう、誠心誠意ご相談に乗らせて頂きたいと思っています。

わからないこと、困ったことを一緒に考え解決していきましょう。

起業支援行政書士 齋藤史洋

ページの先頭へ

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ(実際に融資のおりた事業計画書)

公的融資事業計画書日本政策金融公庫 実際に融資のおりた事業計画書例20パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫から融資がおりた事業計画書19例と、制度融資(信用保証協会付融資)がおりた事業計画書事例1例を同封しております。 

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。 

融資申請に失敗する前にフリーダイヤルからご相談ください!

最近、融資に失敗してから相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし、自力で融資申請に失敗してからの再度の融資申請は成功の可能性が低くなります。
融資申請のチャンスは1度しかないと思ってください。

多くの方にとって、自力での融資申請は融資を受ける貴重なチャンスの無駄使いになります。
専門家に頼らない自力での融資申請は、貴重なチャンスの浪費にすぎず、自分の首を自ら絞めるようなものです。

素直に最初から専門家のサポートを受けることをお勧めします。
自分で自分の首を絞める前に、まずは下記フリーダイヤルまでご相談ください。

開業資金調達無料相談

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号

ページの先頭へ

Copyright© 2007 開業資金調達.NET All rights reserved.
powered by 行政書士ホームページ.com