開業資金調達(国民生活金融公庫融資コンサルティング等)から株式・合同会社の設立手続、開業後の経理までワンストップサポートを実現!関東一円対応!行政書士齋藤史洋事務所
Payday loans
開業資金調達.NET » サービス・報酬額

サービス・報酬額

開業資金調達

サービス 内容 報酬金額
開業資金調達無料相談 専門家のサポートがあれば融資が受けられる可能性のあるケースなのか、そもそも融資を一旦考え直すべきケースなのか等、基本的な点をアドバイスいたします。 専門家のサポート次第によって融資申請が成功する可能性もありうると判断される場合には、状況に応じた適切な専門家との無料面談を設定いたします。 無料です。
フリーダイヤル(0120-312-953)
にお電話ください。
事業計画作成前コンサルティング 公的融資についての基礎知識について初歩からアドバイスいたします。融資を高確率で受けるための正しい準備の仕方、相談者の現状を踏まえた上での融資の可能性を高める方法をアドバイスいたします。 31,500円(税込)
事業計画作成後コンサルティング 事業計画書をすでにご自身で作成されている方を対象にして、融資担当者が重視するポイントを押さえた事業計画かどうか、事業計画に無理・矛盾が無いかどう か、冷静な専門家の視点からアドバイスいたします。 52,500円(税込)
~168,000円(税込)

会社設立サービス

サービス 料金
株式会社設立フルサポート 157,500円(税込)
合同会社(LLC)設立フルサポート 136,500円(税込)
会計記帳サービス(月額) 21,000円(税込)~

日本政策金融公庫からの開業資金調達に不安のある皆様へ

創業融資を受けるために事業計画書が重要であることは、起業を真剣にお考えの方のであれば皆さん理解していらっしゃいます。

しかし、事業計画書の重要性を理解していても、融資が受けられる事業計画書を作成できるかどうかはまた別の問題です。

起業を真剣にお考えの方であっても

「事業計画書の書き方がよく分からないんですよ…」
「事業計画書なんて作成できないですよ…」

という悩みを抱えていらっしゃる方は沢山いらっしゃいます。

このHPをご覧のあなたが作成された事業計画書は、融資担当者が重視するポイントを押さえた事業計画書ですか?独りよがりで説得力の無い事業計画書ではありませんか?

融資の審査に落ちた後で

  1. 面談で事業計画の甘さを指摘されてしまった…
  2. 自社の強みを十分に説明できずに失敗した…
  3. そのポイントを面談の前に知っていれば質問に上手く答えられたのに…

等と後悔しても後の祭りです。

当事務所では、創業融資申請に際して不安のある起業家の皆様を支援するサービスを提供しております。事業計画書作成や融資担当者との面談に不安や悩みがあるのでしたら、融資の審査に落ちて後悔する前に、当事務所のサービスをご利用頂ければと思います。

確かに、専門家ではない一般の方は事業計画書のような資料の作成には不慣れですので、事業計画書が作成出来なくても致し方ない面もあります。

しかし、不慣れだからといって、事業計画書の作成を放棄する訳にはいきません。
創業融資を勝ち取り、起業を成功させるために、一緒に頑張っていきましょう。

起業支援専門行政書士 齋藤史洋

ページの先頭へ

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ(実際に融資のおりた事業計画書)

公的融資事業計画書日本政策金融公庫 実際に融資のおりた事業計画書例20パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫から融資がおりた事業計画書19例と、制度融資(信用保証協会付融資)がおりた事業計画書事例1例を同封しております。 

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。 

融資申請に失敗する前にフリーダイヤルからご相談ください!

最近、融資に失敗してから相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし、自力で融資申請に失敗してからの再度の融資申請は成功の可能性が低くなります。
融資申請のチャンスは1度しかないと思ってください。

多くの方にとって、自力での融資申請は融資を受ける貴重なチャンスの無駄使いになります。
専門家に頼らない自力での融資申請は、貴重なチャンスの浪費にすぎず、自分の首を自ら絞めるようなものです。

素直に最初から専門家のサポートを受けることをお勧めします。
自分で自分の首を絞める前に、まずは下記フリーダイヤルまでご相談ください。

開業資金調達無料相談

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号

ページの先頭へ

Copyright© 2007 開業資金調達.NET All rights reserved.
powered by 行政書士ホームページ.com