開業資金調達(国民生活金融公庫融資コンサルティング等)から株式・合同会社の設立手続、開業後の経理までワンストップサポートを実現!関東一円対応!行政書士齋藤史洋事務所
Payday loans
開業資金調達.NET » 国民生活金融公庫活用術 » 創業支援貸付利率特例制度(創業者の方の利率を0.2%~0.3%低減する制度)

創業支援貸付利率特例制度(創業者の方の利率を0.2%~0.3%低減する制度)

日本において、特に地方部において経済を活性化するために重要なのが、新たに事業を始める人たちを支援する制度です。

そのためには、スムーズな資金調達を可能とする制度が必要となりますが、現実的には資金調達は楽ではありません。

そこで、日本政策公庫では、創業支援貸付利率特例制度(創業者の方の利率を0.2%~0.3%低減する制度) を設けています。

この制度は、新しく事業を始める人、または創業してから税務申告が2期以内の人を対象としているもので、利息の面での優遇措置が受けられるという特徴があります。

日本政策公庫が実施している様々な融資プランに付け加える形でこの制度を利用することができ、それぞれの融資プランで設定されている利率よりもさらに低くなるというものです。

具体的には、この創業支援貸付利率特例制度が適用されると、0.2パーセントが引かれることになります。

そして、女性の方や35歳未満の人が創業する場合には、0.3パーセントの低減となり、より割の良い利率で融資が実行されることになります。

さらに、Uターン創業する人も対象となります。このUターン創業とは、東京23区や仙台市、福岡市、大阪市、名古屋市から地方部に移転して、そこで創業するということで、地方に雇用を創出して事業を始める人に優遇措置が取られることになります。

この創業支援貸付利率特例制度(創業者の方の利率を0.2%~0.3%低減する制度) を利用できる融資プランは多岐にわたっています。

たとえば普通貸付や特別貸し付けに加えて、IT資金や食品貸付、海外展開・事業再編資金などがあります。一般的な融資プランのほとんどに適用されるものですので、事業を新たに始めようとしているのであれば、積極的にこの特例制度を利用するようにしましょう。

具体的な申請方法などは、日本政策公庫の支店で確認できますので、融資プランを申し込む際に同時に特例制度の適用とならないかどうかを聞くことができるでしょう。

貸付の期間についてはベースとなる融資制度の期間がそのまま適用されます。

また、融資限度額についても同様で、特例制度が適用されるからといって融資金額が下げられるということはありません。

基本となる融資プランはそのままで、金利だけが下がりますので、より楽に資金調達ができることになります。

いろいろな分野で活用できる融資制度となっていますので、まずは自分たちのケースでこの特例が当てはまらないかどうかを調べてみると良いでしょう。

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ(実際に融資のおりた事業計画書)

公的融資事業計画書日本政策金融公庫 実際に融資のおりた事業計画書例20パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫から融資がおりた事業計画書19例と、制度融資(信用保証協会付融資)がおりた事業計画書事例1例を同封しております。 

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。 

融資申請に失敗する前にフリーダイヤルからご相談ください!

最近、融資に失敗してから相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし、自力で融資申請に失敗してからの再度の融資申請は成功の可能性が低くなります。
融資申請のチャンスは1度しかないと思ってください。

多くの方にとって、自力での融資申請は融資を受ける貴重なチャンスの無駄使いになります。
専門家に頼らない自力での融資申請は、貴重なチャンスの浪費にすぎず、自分の首を自ら絞めるようなものです。

素直に最初から専門家のサポートを受けることをお勧めします。
自分で自分の首を絞める前に、まずは下記フリーダイヤルまでご相談ください。

開業資金調達無料相談

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号


Copyright© 2007 開業資金調達.NET All rights reserved.
powered by 行政書士ホームページ.com