開業資金調達(国民生活金融公庫融資コンサルティング等)から株式・合同会社の設立手続、開業後の経理までワンストップサポートを実現!関東一円対応!行政書士齋藤史洋事務所
Payday loans
開業資金調達.NET » 資金調達コラム » 証書貸付とは?

証書貸付とは?

証書貸付は、「金銭消費貸借契約」に基づいて銀行から融資を受ける方法です。

返済期間が1年を超える長期借入に用いられます。

金銭消費貸借契約書には、借入金額、金利、返済期間、返済方法などが記載されます。

証書貸付のための金銭消費貸借契約書においては、法人名義での署名捺印と、経営者個人が連帯保証人となっての署名捺印が必要になります。押印は実印です。印鑑証明書の提出も必要になります。

証書貸付は、返済期間が長期になるため、融資を受ける企業の側からすると長期の資金繰りに役立ちます。

この点が、返済期間が1年以内の手形貸付には無い証書貸付のメリットです。

また、銀行側にしても、長期の貸し出しで利息収入が得られるメリットがあるため、しっかりと返済原資を明示できる企業には、積極的に証書貸付を行います。

証書貸付の資金使途は、運転資金、設備資金のどちらでも可能です。

証書貸付の返済方法

信用保証協会の保証付きの証書貸付であれば、運転資金の返済は7年以内、設備資金の返済は10 年以内になるものが多いです。

返済方法は、原則として、毎月均等に返済することになります。

つまり、借入金額÷返済期間(月数)=毎月の返済金額

となります。

この計算式からも分かるように、返済期間が長期になるほど、毎月の返済額が減り、企業側の資金繰りが楽になります。

逆に、銀行側からすれば、返済期間が長くなればなるほど、銀行が貸し倒れのリスクを負いますので、銀行側は短めの返済期間を設定したがります。

証書貸付の融資審査は厳しい

証書貸付は、先述のように長期の貸付です。つまり、手形貸付のような短期貸付よりも銀行にとってリスクの高い融資ですので、当然、審査が厳しくなります。

証書貸付の返済原資は、事業活動で得た利益から生じるキャッシュフローです。
キャッシュフローは簡易的に以下の計算式で表されます。

キャッシュフロー=当期利益+減価償却費

会社の業績が悪くて決算が赤字の場合など、キャッシュフローで融資を返済できることを示せない状況では、銀行から証書貸付で資金調達することは難しくなります。

証書貸付で設備資金を調達する場合の必要書類と注意点

設備資金の融資を受ける場合は、5~10年の長期借入となりますので、証書貸付による融資になります。

設備資金の融資を証書貸付で受ける場合には、決算書や資金繰り表などの運転資金の融資申請でも必要になる一般的な書類に加えて、以下のような書類の提出が求められます。

  • 購入予定の設備の見積書・発注書・契約書
  • 設備を導入することによって、どれだけ売上が上がるのか、利益が増すのかの予測・経営計画を数値で示した資料
  • 設備を購入した証拠となる領収書

銀行は、融資を出した後に、融資した資金が企業からの申請内容通りの資金使途に沿って使われているか確認します。

設備資金の場合は、購入されたことを証明する領収を確認したり、設備の実物を確認するため、現場(工場など)まで銀行の担当者が見に来ます。

万が一、融資申請時と異なる資金使途に資金を流用していることが判明した場合は、融資の即時・全額返済が要求される可能性があります。また、その銀行からは今後融資を受けることができなくなりますので注意してください。

特に、設備資金で融資を受けて、運転資金に流用するようなことは絶対に避けてください。

まずは信用保証協会の保証付きの証書貸付を目指す

初めて銀行から証書貸付の融資を受けたい場合は、信用保証協会の保証付きの証書貸付を受けられるように頑張りましょう。

信用保証協会の保証が付けば、銀行の融資審査に通りやすくなるからです。

信用保証協会の審査を通過して、保証が受けられれば、信用保証協会との関係でも実績がつめるため、追加の融資申し込みでも保証協会の保証を利用しやすくなります。

証書貸付は、長期に渡る借入であるため、毎月コツコツ返済して実績を積めば、それにより銀行との信頼関係が作れます。

銀行との信頼関係を築くことができれば、将来的に、信用保証協会の保証が無い証書貸付(プロパーの証書貸付の融資)による資金調達も可能になります。

なお、銀行がいきなりプロパーの証書貸付を行うことはありません。

もし、信用保証協会の審査に落ちて保証が受けられない場合は、銀行も証書貸付の融資を行いません。

そのため、信用保証協会の審査に落た場合は、ファクタリング(売掛金の売却)のような、銀行の融資以外の資金調達方法を検討することが必要になります。

証書貸付よりもスピーディー。銀行の返済条件変更中、赤字決算、債務超過でも資金調達できるファクタリングをご存知ですか?売掛金100万円以上お持ちで事業用資金なら最短即日1000万円まで調達可能。→【資金調達プロ】事業資金調達の10秒カンタン無料診断はコチラ

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ(実際に融資のおりた事業計画書)

公的融資事業計画書日本政策金融公庫 実際に融資のおりた事業計画書例20パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫から融資がおりた事業計画書19例と、制度融資(信用保証協会付融資)がおりた事業計画書事例1例を同封しております。 

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。 

融資申請に失敗する前にフリーダイヤルからご相談ください!

最近、融資に失敗してから相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし、自力で融資申請に失敗してからの再度の融資申請は成功の可能性が低くなります。
融資申請のチャンスは1度しかないと思ってください。

多くの方にとって、自力での融資申請は融資を受ける貴重なチャンスの無駄使いになります。
専門家に頼らない自力での融資申請は、貴重なチャンスの浪費にすぎず、自分の首を自ら絞めるようなものです。

素直に最初から専門家のサポートを受けることをお勧めします。
自分で自分の首を絞める前に、まずは下記フリーダイヤルまでご相談ください。

開業資金調達無料相談

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号


Copyright© 2007 開業資金調達.NET All rights reserved.
powered by 行政書士ホームページ.com