開業資金調達(国民生活金融公庫融資コンサルティング等)から株式・合同会社の設立手続、開業後の経理までワンストップサポートを実現!関東一円対応!行政書士齋藤史洋事務所
Payday loans
開業資金調達.NET » 資金調達コラム » つなぎ資金の融資を100%成功させる秘訣

つなぎ資金の融資を100%成功させる秘訣

つなぎ資金の融資とは?

つなぎ資金とは、一時的な運転資金の不足を補うために事業資金の融資を受けることです。

例えば、建設業の場合、一般的には外注費や材料費の支払いが先になり、工事代金(売掛金)の回収は後(6カ月後など)になります。

このように、支払いが先行する取引がある場合に、資金が不足する支払い時に融資を受けておき、売掛金(工事代金)が回収される時期に返済する融資のことを、つなぎ資金といいます。

つなぎ資金の融資は、1年以内に返済する短期融資であるため、手形貸付の形で融資されることが一般的です。

売掛先からの入金が多くなる時期を返済日と定めて、期日の一括返済、又は数回の分割変返済となります。

つなぎ資金の融資が受けやすい4つの理由

事業資金の融資を行う銀行の立場から考えた場合、つなぎ資金の融資を出しやすい4つの理由があります。

  • 資金の使途・必要性が明確であること
  • 融資の金額が少額であること
  • 融資の返済期間が短いこと
  • 返済財源が明確であること

銀行が融資を行う場合には、資金の使途(使い道)を重視します。予定された資金使途以外への流用の恐れがある場合は、融資が認めらません。

その点、つなぎ資金は、融資をした資金の使途(使い道)も、融資が必要な理由も、先行する取引の支払いであることが明確です。

また、つなぎ資金の融資は、金額が比較的少額であり、返済期間も売掛金が回収されるまでの短期期間に限定されます。

融資の返済財源も、売掛金の存在しており、返済される可能性が高いです。

企業として売上が増加しており、そのために運転資金が短期的に不足する場合のような、前向きな資金使途の融資は金融機関にとってもリスクが少なく、融資を出しやすいのです。

つなぎ資金の融資を申請する場合の注意点

つなぎ資金の融資が認められやすいからといっても、銀行の融資である以上は、審査に一定の期間が必要です。

一般的にいえば、銀行の融資審査には、短くても1カ月前後の期間が必要になります。

既に銀行と取引がある場合は、審査の期間も比較的短くて済みますが、初めて銀行に融資を申し込む場合だと審査に3カ月程度かかる場合もあります。

「明日までに至急、300万円のつなぎ資金・運転資金を融資して欲しい」

などど急に銀行に駆け込んでも融資は受けられません。

資金の不足が予想される時期に備えて、計画的に2~3カ月前から融資の相談を行っておくことが重要になります。

銀行から、つなぎ資金の融資を受けるためには、現金が不足する時期、売掛金が多く入金される時期を説明するために、請負契約書、注文書、請求書の控えなどで、説明しておくことが必要なります。

また、資金繰り表、返済予定表なども作成して、資金の必要性や返済の実現可能性等をあらかじめ説明しておく必要があります。

つなぎ資金の融資が必要で、銀行の融資審査を受けている時間が無い方は、融資ではなく、以下のようにファクタリングで売掛金を現金化し、資金調達した方が短期間で資金繰りの改善が可能です。

銀行のつなぎ融資よりもスピーディー。銀行の返済条件変更中、赤字決算、債務超過でも資金調達できるファクタリングをご存知ですか?売掛金100万円以上お持ちで事業用資金なら最短即日1000万円まで調達可能。→【資金調達プロ】事業資金調達の10秒カンタン無料診断はコチラ

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。

ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断をご利用ください。

法人経営者・個人事業主向けの民間ビジネスローン

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

事業計画書作成でお悩みのあなたへ(実際に融資のおりた事業計画書)

公的融資事業計画書日本政策金融公庫 実際に融資のおりた事業計画書例20パック

当パックは、実際に日本政策金融公庫から融資がおりた事業計画書19例と、制度融資(信用保証協会付融資)がおりた事業計画書事例1例を同封しております。 

「どのような事業計画書を作成すれば良いかわからない」
「事業計画書を作成したことがない」

これから日本政策金融公庫融資や信用保証協会付融資をお考えの方のお役に立てれば幸いです。 

融資申請に失敗する前にフリーダイヤルからご相談ください!

最近、融資に失敗してから相談される方が多くいらっしゃいます。
しかし、自力で融資申請に失敗してからの再度の融資申請は成功の可能性が低くなります。
融資申請のチャンスは1度しかないと思ってください。

多くの方にとって、自力での融資申請は融資を受ける貴重なチャンスの無駄使いになります。
専門家に頼らない自力での融資申請は、貴重なチャンスの浪費にすぎず、自分の首を自ら絞めるようなものです。

素直に最初から専門家のサポートを受けることをお勧めします。
自分で自分の首を絞める前に、まずは下記フリーダイヤルまでご相談ください。

開業資金調達無料相談

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

起業支援・会社設立専門 行政書士齋藤史洋事務所

代表 行政書士 齋藤史洋 東京都行政書士会所属(登録番号 第07081051号)〒104-0061東京都中央区銀座1丁目15-7マック銀座ビル504号


Copyright© 2007 開業資金調達.NET All rights reserved.
powered by 行政書士ホームページ.com